赤ちゃんの100日祝い

100日祝いのプレゼントはコレ!厳選料理&ケーキご紹介!

 

 

赤ちゃんが生まれてから100日が経った頃、家族みんなでお祝いする100日祝いというイベントがあります。

 

一生に一度の100日祝いが素敵な思い出になるように、豪華な料理やケーキで祝いの席を華やかに彩りましょう。

 

また、100日祝いには、家族や親族、友人などを招待して行う家庭もあります。

 

100日祝いに招かれた時のお祝い金やプレゼント、お祝いを頂いた時のお返しについても詳しく解説します

 

 

『100日祝い』とは?

 

 

そもそも「100日祝い」とはどんなイベントなのでしょうか?

 

当日に行う内容や準備するものを紹介します。

 

 

どんな内容?

 

100日祝いは、生後100日を迎えた赤ちゃんの成長を祝うイベントです

 

地域によって110日目や120日目を迎えた時にお祝いをすることもあります。
ぴったりその日に行わないといけないという決まりはないので、赤ちゃんの体調や家族の都合のいい日に行いましょう。

 

100日祝いの歴史は古く、平安時代から受け継がれてきた日本の伝統的な行事のひとつです。
100日祝いの他にも、「真魚(まな)始め」「箸揃え」「箸初め」などと呼ばれることもあります。

 

100日祝いの主なイベントは、「一生食べ物に困らないように」という願いを込めて行う「お食い初め」の儀式です

 

縁起のいい食べ物を使った祝い膳を用意して、赤ちゃんに食べさせる真似をします

 

さらに、乳歯がちょうど生えてくる時期であることから、「石のように丈夫な歯になりますように」という願いを込めた歯固めの儀式も行います。

 

お食い初めや歯固めの儀式を行うには、用意するものが多くあるので、事前に準備しておきましょう。

 

 

祝い膳メニューと歯固めの石

 

100日祝いで行う「お食い初め」と「歯固め」の儀式に用意するものを解説します。

 

 

【祝い膳メニュー】

 

お食い初めの祝い膳は、和食の基本「一汁三菜」で揃えます。

 

料理のメニューは、赤飯・お吸い物・焼き鯛・煮物・香の物を用意して、私たちが生きていく上で必要な【穀物・海のもの・山のもの・飲み物・塩】を赤ちゃんに与えます。

 

それぞれの料理に使う食材は、地域や家庭の風習によって違うこともありますが、縁起のいい意味の食材や、季節に合った旬の食材を使いましょう。

 

祝い膳に使う食器は漆器、お箸は柳の白木を使うのが正式です。

 

漆器の色は性別によって異なり、女の子は内側が朱色で外側が黒色のもの、男の子は両側とも朱色のものを使います
現代では、あまり食器にはこだわらずに、ベビー用食器を使う家庭もあります。

 

どんな料理や食器で赤ちゃんをお祝いをするか、家族で相談して決めましょう。

 

 

【歯固めの石】

 

お食い初めと一緒に行われる「歯固め」では、石を使って儀式を行います。

 

石はお宮参りのご祈祷の時に神社から授かったものや、自分で神社の境内から拾ってきたものを使います。
他にも川や海などで拾ったり、通販で買うこともできます。

 

歯固めの石は、赤・黒・白を1個ずつ揃えるのが正式ですが、すべて揃えるのは難しい場合もあるので、形がよく、1?5cm程度の大きさの石を1、2個用意すれば大丈夫です。
神社で授かった石は、そのまま記念に持っておける場合や、七五三の時に返しに行くようになっている場合もあるので、授かる時に確認しておきましょう。

 

神社で拾ってきた石は、お食い初めが終わったら、感謝を込めて元の場所に戻します。
川や海で拾ってきた石は、元の場所に返すか、記念にとっておくのもいいですね。

 

 

やり方

 

100日祝いをきちんと行うために、お食い初めと歯固めの儀式のやり方を覚えておきましょう。

 

お食い初めは、養い親と呼ばれる役割の人が食べさせる真似をします。
養い親は長寿にあやかるという意味から、身内の中で最年長の人が担当します。

 

近年では親戚などが集まって行うことが少なくなっているため、祖父母にお願いすることが多いようです。
親子だけでお食い初めをする時にはお父さん、お母さんで構いません。

 

お食い添めの儀式のあとに、歯固めの儀式を行います。

 

歯固めの儀式は、石に触れた箸を赤ちゃんの歯茎に当てるだけです
誤飲の危険があるので、石を直接口元には運ばないように気をつけましょう。

 

 

【お食い初め?歯固めの流れ】

 

1.養い親が赤ちゃんを膝の上に乗せる。

 

2.【赤飯⇒お吸い物⇒赤飯⇒焼き鯛⇒赤飯⇒お吸い物】の順番で口元に運んで食べさせる真似を3回繰り返す。

 

3.歯固めの石に箸先をちょんちょんと触れて、赤ちゃんの歯茎に優しく当てる。

 

 

儀式が無事に終わったら、用意した料理は家族みんなで美味しく食べて、赤ちゃんと一緒に楽しい時間を過ごしてくださいね。

 

 

『100日祝い』の厳選料理&ケーキ

 

 

100日祝いを楽しく家族みんなで盛り上がれるように、厳選料理やケーキでお祝いしましょう。

 

祝いの席に欠かせないメインの鯛の飾り付け方や、かわいくデコレーションした「めで鯛ケーキ」の作り方を紹介します。

 

 

メインの鯛を豪華にしよう

 

鯛は、めでたいという語呂合わせや、赤い色が縁起がいいことから、お祝いにぴったりの魚です。

 

お食い初めのメインになる鯛を豪華に見せるためには、焼き方や飾り方にポイントがあります

 

 

鯛を焼く時のポイント

 

まずは鯛を焼く時のポイントを見ていきましょう。

 

 

【切り込みは裏側に】

 

魚は、頭が左、尾を右に盛り付けるのが基本なので、鯛の内臓を取り除く時には、裏側になる方から切り込みを入れるようにします。
また、生焼けをしないように、表面に切り込みを入れることがありますが、お祝い用の鯛には入れないようにしましょう。
入れる場合は、裏側に入れて見えないようにするといいですね。

 

 

【化粧塩】

 

鯛を焼く時には、全体に塩をふってから、尾びれ、背びれ、胸びれに塩をすり込んでつけておきます。
これは「化粧塩」といい、焦げやすいヒレ部分を守って、焼き上がりをきれいにする意味があります。

 

 

【踊り串】

 

鯛がS字にうねるように尾の方から串に刺す方法を「踊り串」といいます。
まるで鯛が踊ってるように見える姿が縁起が良いので、お食い初めにぴったりの焼き方です。
八の字になるように2串で刺して焼きましょう。

 

 

焼き鯛の飾り付け方

 

きれいにできた焼き鯛を豪華に飾り付けましょう。

 

 

【鯛を盛り付ける食器】

 

鯛を盛り付ける食器は、大きな平皿、木製や漆塗りのお盆が定番です。
他にも竹ザルや竹編かごに盛り付けることもあります。

 

 

【敷紙】

 

お祝いの時には、敷紙を敷くと豪華に見えます。
縁起のいい紅白紙が華やかですが、千代紙、天ぷら用の敷紙でも構いません。
角は揃えずに、少しずらして2つ折りにしたものを使いましょう。

 

 

【敷葉】

 

魚を盛り付ける時には、緑のものを飾ると見栄えが良くなります。
松の葉や裏白、菊の葉など、縁起のいい意味のある葉や、季節に合った葉を敷いて飾りましょう。

 

 

【飾り小物】

 

お祝いの雰囲気を出すのに最適なのが、飾り紐などの飾り小物です。
鯛飾り用の水引も売っていますが、手に入りにくい時には、ご祝儀袋についている水引を利用しましょう。

 

 

めで鯛ケーキをつくろう

 

100日祝いには、見た目のかわいい鯛の立体ケーキを作ってみましょう。
招待した人たちもきっと喜んでくれますよ。

 

 

【材料】

 

スポンジ :1台
生クリーム:150cc
砂糖:適量
食紅:適量
いちごチョコ:1/2枚
チョコペン:1本
丸いクッキー:1枚
源氏パイ:1枚

 

 

【作り方】

 

◯まずはケーキを飾るデコレーションを作っておきましょう。

 

 

・尾びれ・背びれ・胸びれ

 

1.レンジや湯煎などでいちごチョコを溶かす。
2.ステンレスバットやお皿の上にアルミホイルを敷く。
3.アルミホイルの上にいちごチョコで背びれ、胸びれ、尾びれの形を描いて、冷蔵庫で冷やす。

 

 

・目

 

1.丸いクッキーにチョコペンで目を描く。

 

 

・ウロコ

 

いちごを薄くカットする。

 

 

◯次に、生クリームに砂糖と食紅を加えて、ツノが立つくらいまで泡立てます。砂糖と食紅の代わりにいちごジャムを加えるのもおすすめです。
ジャムは生クリームを泡立てやすくするので時短にもなりますよ。

 

 

◯準備ができたら、スポンジで丸い形の土台を作っていきましょう。

 

1.深皿やボウルにラップをぴったりと敷いて、薄くスライスしたスポンジを貼り付けるように乗せる。
2.スポンジの中に半分くらいまで生クリームを入れて、いちごを適量並べる。(大きさに合わせて、繰り返し)
3.最後に蓋をするように、薄く切ったスポンジを乗せて、ラップで包んで冷蔵庫で冷やす。

 

 

◯最後にかわいくデコレーションをしていきましょう。

 

1.冷やしたスポンジの土台をひっくり返して、広めのお皿に乗せる。
2.生クリームをスポンジ全体に塗る。
3.スポンジの半分にいちごを少し重ねながらウロコに見えるように飾っていく。
4.丸いクッキーを目の位置に置き、源氏パイを口の位置に置く。
5.生クリームを接着剤代わりに使って、胸びれは中央付近に、背びれ、尾びれはお皿に乗せるように飾れば完成。

 

 

外食もアリ

 

育児に忙しくて、お食い初めの料理を自分で用意するのは大変だと感じる人もいますよね。
そんな時には、無理をせずに外食にするにもアリです。

 

レストランや日本料理屋さんなどでは、お食い初めコースを用意しているお店がたくさんあります。
準備する手間もかかりませんし、祖父母や親戚などを家に招待するのが難しい時にも助かります。

 

赤ちゃんがいる時には、周りに気を使ってしまうこともありますから、個室でゆったりとお祝いできるお店を選びましょう。
ホテルには写真館が併設しているところもあるので、レストランで食事をした後に、記念写真を一緒に撮影するのもおすすめです

 

 

『100日祝い』にお祝い金は必要?

 

 

100日祝いには、お祝い金は必要なのでしょうか?
お祝い金の相場やお返しについて解説します。

 

 

お祝い金の相場

 

100日祝いは、親族や友人などを招いて行うこともあります。
100日祝いに招待された時には、お祝い金やプレゼントを贈りましょう。

 

お祝い金の相場は、5,000?10,000円程度になっています。
親類は10,000円、友人や同僚などは5,000円が目安になっていますが、特に決まりはないので、当日のお食事代と考えて、あまり差が出ないようにしましょう。

 

 

表書きの書き方

 

お祝い金やプレゼントを渡す時には、熨斗ありで、紅白の蝶結びの水引で装飾するのが一般的です

 

表書きには「箸ぞろえ」、「祝御食初」、「お祝い」などと書いて、当日か事前に渡しましょう。

 

 

お返しについて

 

お祝い金やプレゼントを頂いた時には特にお返しは必要ありませんが、感謝の気持ちを伝えたい時には、お返しを送ってもいいですね。

 

記念になる写真や、受け取りやすい菓子折りなどがおすすめです。

 

 

『100日祝い』に招待された時におすすめのプレゼント

 

 

100日祝いに招いてもらった時には、お祝い金以外にも、赤ちゃんがこれから使えるようなプレゼントを持っていくのもいいでしょう

 

100日祝いにぴったりなおすすめのプレゼントを紹介します。

 

 

銀のスプーン

 

銀のスプーンには、魔除けの意味や、初めての食べ物を銀のスプーンで食べると食べ物に困らないという言い伝えがあるため、赤ちゃんのお祝いにぴったりのプレゼントです。

 

ブランド物や、名入れができる商品も揃っているので、心を込めて贈りましょう。

 

 

バスローブ

 

赤ちゃんの洋服などは、センスが違うものだと使いにくいこともありますよね。
バスローブなら、毎日使うものなので、実用性のあるプレゼントになります

 

オーガニックコットンなど、肌に優しいバスローブを選ぶと喜んでもらえるでしょう。

 

 

おむつケーキ

 

見た目もかわいく、インパクトのあるプレゼントをしたい時には、おむつケーキがおすすめです。

 

赤ちゃんに必要なおむつやおしりふき、タオルなどがセットになっているので、ママも助かるプレゼントです。

 

 

『100日祝い』のお返しにおすすめのプレゼント

 

 

100日祝いにお祝い金やプレゼントを頂いた時には、感謝を込めてお返しをしたい場合もありますよね。

 

お返しをする時におすすめのプレゼントを紹介します。

 

 

写真

 

祖父母などにお返しをする時には、赤ちゃんの写真をフォトフレーム写真集などにして送るのもおすすめです。

 

当日に一緒に写っている写真をプレゼントすれば、思い出として大事にとっておけますよ。

 

 

菓子折り

 

菓子折りでお返しする時には、頂いたお祝いの半額程度を目安にしましょう

 

菓子折りを贈る時には、日持ちするお菓子を選ぶのがポイントです。
お礼状やメッセージカードなどを添えて贈りましょう。

 

 

ギフトカード

 

相手の好みがわからなかったり、プレゼントに迷った時には、ギストカードもおすすめです。

 

相手が好きなものを自分で買えるので、一番実用的なお返しかもしれません。
ただし、金額がわかってしまうことや、気持ちが伝わりにくいこともあるので、相手に合わせて贈るようにしましょう

 

 

一生に一度の『100日祝い』

 

 

赤ちゃんが生まれてから100日目を祝う「100日祝い」。
一生にたった一度のイベントですから、ぜひ盛大にお祝いしたいですね

 

お食い初め歯固めなどの儀式をしっかりと行い、家族に合った過ごし方で楽しみましょう。

 

プレゼントに困った時には、ぜひ今回紹介した商品を参考にしてくださいね。

 

 

 

まとめ

 

  • 100日祝いは赤ちゃんの成長を祝い、これから食べ物に困らないように願う伝統行事
  • 100日祝いではお食い初めと歯固めの儀式を行う
  • 厳選料理やケーキなどでお祝いの席を華やかにしよう
  • 100日祝いに招かれた時には、お祝い金やプレゼントを贈る
  • お祝いのお返しは基本必要ないが、気持ちを伝えたい時にはお返しするのもあり